風 吹きわたり・・・

風が吹きわたり 足元の小さな花が揺れました 道端で 群生する淡い青紫色の花 ノジシャ (野萵苣・ヨーロッパ原産)       ノジシャ : 越年草~1年草 オミナエシ科 ノジシャ属 名前の由来は   野に生えるレタスだから きらきら輝く花びら なんとも可愛い花です 水の入った田んぼに映る…

続きを読む

優雅な姿

越冬のため 毎年安曇野にコハクチョウが飛来してきています 11日 会いに行ってきました 時々羽を広げて 優雅な姿を見せてくれます のんびり寛いでいますね 羽が灰色がかっているのは 幼鳥 北帰行の練習は もう少し暖かくなってからのようです 大勢のカメラマン しっかり寒さ対策をして…

続きを読む

凍える朝

寒いね 今日も・・・ 毎朝思わず口にすることばです 雪山に朝陽が当たっています 川原も凍てついて 枯れ草が霜で真っ白です 美しい 霜の結晶! 精巧な作りです 道端の枯葉も まるで芸術品! シロツメクサ です 2本の角(雄しべ)…

続きを読む

冷え込みました

今朝はこの冬一番の冷え込み 霜が降りました ホトケノザ 霜の結晶が綺麗 オニノゲシ(ヨーロッパ原産の帰化植物) 寒さに耐えていますね                   (1~2年草 キク科 ハチジョウナ属) ヒメジョンも真っ白 庭の名残の菊 …

続きを読む

夕焼け!

久しぶりに綺麗な夕焼けを見ました 所用で出かけた帰り 車の中からです 朝からあわただしく過ごした一日を まるで どうもお疲れさま  と いってくれているような夕焼け雲・・・ 心癒される鮮やかな茜色です 高速道路長野自動車道麻績インター近くで 昨日(27日)の夕方のことです

続きを読む

虹です!

今朝は虹を見ながらのウォーキングでした 淡い虹で 途中で途切れていましたが  反対側もかすかに見えます 午後 日当たりの良い道端で ホトケノザ (仏の座)が 微笑んでいます 本来は春に咲く花ですけど 去年の秋にも咲いていましたね                          (2年草 シソ科 オドリコ…

続きを読む

冬はもうそこまで

真冬並みの寒気が流れ込んで 山々が雪に覆われました 雪化粧した姿 ふもとの木々はまだ紅葉していて コントラストが美しいです 日溜りで 淡い紫色の花が輝いていました 愛らしい ヒメジョン (北アメリカ原産)                       (1~2年草  キク科 ムカシヨモギ属) …

続きを読む

白い花と淡紅色の花

白地に赤い筋が可愛い花 イヌハギ (犬萩) 萩の花より小さくて 萩のようには目立たないから この名前がついたそうです 茎や顎に毛が生えています 花が密集して咲いている様子は見事ですね                         (落葉低木 マメ科 ハギ属)  近くで カワラナデシコ (川原撫子・別名 ヤマト…

続きを読む

天気に恵まれて(2)

黒部平は 風が爽やかでした まばゆい緑の山々や 可憐な花を楽しみました 群生して 目立っている ヨツバヒヨドリ (四葉鵯) 淡いピンク色の花がまとまって咲いています                   (多年草 キク科 フジバカマ属) 真っ白で可愛い ゴマナ (胡麻菜) キクに似た花ですね                    …

続きを読む

天気に恵まれて

先日 大町市の扇沢から 電気で走るトロリーバスと 全線地下を走る黒部ケーブルカーに乗って 黒部ダムと黒部平を訪ねました 黒部ダムの放水で できる虹 きれいです 放水量は毎秒10~15立法メートル ダムの上から 見た虹です ダム湖です 黒部ダム(標高1470m)の上を渡って 黒部湖駅から ケー…

続きを読む

小さな花・・・

梅雨が明けたというのに 昨日も今日も雨・・・ いつもは朝のウォーキング 今日は雨上がりの夕方です 途中 道端で可愛い花をみつけました 緑の草むらの中で淡いピンク色が 眼をひきました 小さな花が輪生してついていますね トウバナ (塔花)です 花穂の形が塔をイメージするところから名づけられました         …

続きを読む

可憐な花♪

日当たりの良い川原の土手で 可憐な紅紫色の花♪ コマツナギ (駒繋ぎ)     茎は草のように細いのですが      馬をつなげるほど丈夫で強いのです 鮮やかな紅紫色が綺麗! ハギの花によく似ていますね                       (落葉小低木 マメ科 コマツナギ属) 清々しいですね …

続きを読む

ピンク色の花、可憐・・・

久しぶりに雨の降らない一日でした 土手の緑に  ピンク色の花が映えていました この可憐な姿の花からは 想像もつかない名前 ママコノシリヌグイ (継子の尻拭い) 別名・トゲソバ 葉や茎には棘があります 茎の棘は下向きで この棘で他の植物に引っかかって伸びていくんですね 何気なく咲いているところがいいです       …

続きを読む

優しい姿♪

アザミに似ている花だけど そうではありません アザミの仲間と思い込んでしまいそうですが  キクの仲間なんです アザミのように 葉にも茎にも 棘がない・・・ その分優しい感じがします キツネアザミ (狐薊) 古い時代に 中国大陸から渡来したと考えられている帰化植物 麦畑の縁に咲いていました            …

続きを読む

五月晴れ!

庭の木陰で愛らしい花が咲いています エビネ (海老根) 別名:山宇波良 横に伸びる偽球茎の形がエビに似ているからだそうです 葉の間から伸びた茎の先端に花を咲かせますが 下から順に咲いていくので けっこう長い間楽しんでいます                   (多年草 宿根草 ラン科 エビネ属) 安曇野の代表的…

続きを読む

青い空と白い・・・

雪が積もりました 屋根の上も雪で真っ白 手前は麦畑です 20日未明に雪が降り 夕方までみぞれ混じりの雨でしたが 今朝は眩しいほどの景色がひろがりました 咲き始めた庭の福寿草は? 何事もなかったように 咲いています 昨日の様子です 雪にすっぽり埋まっていました …

続きを読む

川原で

この冬一番に冷え込んだ今朝 -9℃になりました 近くの川原で 氷のなかから顔を出しているのは 石 石 石 そうです 白いのは川の水が凍っているのです 氷が溶けているところは・・・ 水の流れが見えます 川幅は7メートルから8メートル 氷の華が日に照らされて輝いていました 風は冷たかったけれど …

続きを読む

寒い朝

寒い朝が続いています 最低気温が-5~-6℃になる朝は いつもの時間より遅く 暖かくなってから ウォーキングします ここはサイクリングロードになっていますが 犬の散歩のひと ジョギングのひと ウォーキングのひと などに会います オフホワイトの中綿コートを着て 同じくオフホワイトの鈎針で編んだ毛糸の帽子を被り …

続きを読む

雪化粧

夜半に雪が降りました 今朝 車で通りかかった 碌山美術館 →こちら 屋根も立ち木も真っ白   美術館庭の木々も雪化粧 ナナカマド の実 ボタン (牡丹) の芽も雪帽子を被って もう少し気温が下がっていれば 六角形の雪の結晶を見ることができるのですが・・・残念! いつか見られたら嬉しいですね …

続きを読む

初春

あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願いします 新しい年が 穏やかで 明るい年でありますように 祈ってます 出たばかりの朝日があたった 雪山 ピンク色に染まっています 刻々と色が変わっていくのを眺めながら 朝 歩いています 一番目の写真から8分ほど経っています 日が昇るにつれて …

続きを読む

繊細で、淡紅色で、

茎も葉も青々として  今が咲く時期とばかり 北アメリカ原産の ハルジオン (春紫苑) のお花 花びらは細かくて繊細 淡紅色が美しい 蕾はたれさがっていて お花の咲くころ頭をもちあげてきます 枯れ草の多い土手で 明るい気持ちになりましたが・・・ なにか変! ハルジオンは春から初夏に…

続きを読む

道端で

道端でよく見かける ノボロギク (野襤樓菊)  名前の由来は 花後のタネのついた綿毛が綿のボロのようであるため ヨーロッパ原産の帰化植物です 葉のわきから伸びる花柄は 分枝を繰り返して 先端にお花を咲かせます 小さいけれど 黄色が鮮やか タネには長い白色の冠毛があって 風で飛んで増えるんですね …

続きを読む

深まりゆく秋

赤く色づいた葉 黄色の葉 まだ緑のままの葉などが交じりあい 美しく染まった 大かえで の木 樹齢200~250年を物語る太い根元 一眼レフからケータイまで 思い思いのカメラで みなさん さかんにシャッターを切っていました あいにく曇り空だったけれど 一本の木でさまざまな色合いが楽しめます 青空でお日さまが出ていたら もっと映え…

続きを読む

秋の名草として

秋の七草には数えられないけれど 秋の名草として 古くから人の注目をひいている ワレモコウ (吾亦紅 ・ 吾木香) 止血 下痢止め に効があります 頂に小花が集まって 実のような花穂をつけています もうちょっと早い時期に会いたかったね 聖高原(長野県・麻績村)スキー場近くの駐車場のわきで咲いていました      …

続きを読む

鮮やかな黄色のお花がいっぱい

大町市の鷹狩山(標高1164m)山頂で 咲いていた ヤクシソウ (薬師草) 咲いているお花は もうほとんど見かけないなかで 鮮やかな黄色のお花が 風に揺れていました 花径は1~2cm 枝一杯に咲き溢れる花姿に感激!です                        (2年草 キク科 オニタラビコ属) …

続きを読む

駆け足で

駆け足で冬が近づいてきました 北アルプスの初冠雪です 田圃の畦で咲いていました さりげないのに なぜか気になるお花 ユウガギク (柚香菊) 素朴だけれど なぜか風情があります 華やかさはないけれど 可憐で清楚                         (キク科 ヨメナ属) …

続きを読む

紅葉の山々

青空がさわやかな今朝 ゴンドラとロープウェイを乗り継いで  栂池自然園 (小谷村)に行きました 標高1900mです 紅葉の盛りはちょっと過ぎてしまった感じですが 目的地の 標高2010mの 展望湿原 からの眺め 白馬岳の大雪渓が目の前に見える    約3時間30分ほど 気持ち良く歩きました …

続きを読む

通るたびに

気になっていました 何時咲いてくれるのかしら?と 待ちに待った今朝 ついに 淡い紅紫色のお花が咲きました!!  アゼナ (畦菜) です 唇形をした6mmくらいの小さな小さなお花 可憐です 水田の中でひっそりと咲いていました                    (ゴマノクサ科 アゼトウガラシ属)

続きを読む

エンレイソウ、シナノキンバイなど(栂池自然園3)

様々な花に出会いながら 雪に足をすくわれそうになって 標高1860mの自然園入り口から歩くこと約3kmおよそ2時間 標高2010mの展望湿原に到着 白馬大雪渓が目の前に見える 名前だけ知っていて 今回出会えた シナノキンバイ (信濃金梅) 名前の通り 信濃の高山に多い                            (キ…

続きを読む

梅雨の晴れ間に(2)

雨上がりの今朝 北アルプスの山並みがくっきりと見える 手前右は水田 左は小麦畑  まだ刈り取られていません 安曇富士と呼ばれる 有明山 (2268m) 山岳信仰の山で山麓に有明山神社があります 左側の奥の雪がまだ残っている山は燕岳(つばくろだけ)                                  (ウォーキングの道で) …

続きを読む