小さな花 愛らしく

今日は立夏

朝のうちは雲が広がっていましたが

昼頃からは一面の気持ちの良い青空

心地よい風が吹いていました

足元でよく見かけるお花たち

小さなお花なので 気が付かずにそのまま行き過ぎてしまいそう


田んぼの畔で

白い花がが群れて咲いていました
画像


花びらが10枚に見えますが

実は5枚の花弁のそれぞれがウサギの耳のように深く裂けているのです

画像


茎を包むように付く葉の形が愛らしい

画像


ノミノフスマ(蚤の衾)ナデシコ・科ハコベ属
(襖:寝具の一種。現在の掛けぶとんのようなもので平安時代から宮中で用いられた)

画像






道端で春の初めから咲き続けている白い花

繊細で美しく愛らしい

画像


画像


ノミノツヅリ(蚤の綴り)ナデシコ科・ノミノツヅリ属
(綴り:布切れなどをつぎ合わせて作った粗末な衣服)

画像






長い柄の先にふたつの花がぶらさがる

愛くるしい花

画像


画像


花びらに紫色の筋が目立っています

濃い青紫色が美しい

カスマグサ(かす間草)マメ科・ソラマメ属

画像






ひときわ小さな花ですけれど

まぎれもない蝶形花です

画像


ごく淡い淡紫色でほとんど目立たなく

見逃してしまいそう

スズメノエンドウ(雀野豌豆)マメ科・ソラマメ属

画像






畑の土手で風に揺れて咲くシロイヌナズナ

画像


果実が細長い棒状で

ナズナなのにタネツケバナの果実と似ているんです

おもしろいですね

シロイヌナズナ(白犬薺)アブラナ科・シロイヌナズナ属

画像


画像





小さな小さなお花が

こうして咲いているのを見ていると

頑張ってるんだな~って

元気になります

この記事へのトラックバック